フリーダイヤル 0120-923-918freedial

フォームでのお問い合せ


浴室をはじめ水回りの「キレイ」に!

選べる2タイプ!

  • ここまでやる!浴室のリタ・コート「水回りバリア」の施工
  • 施工当日の流れ

ここまでやる!浴室のリタ・コート「水回りバリア」の施工

浴室のリタ・コート「水回りバリア」のコーティング箇所

記載している箇所以外にも、浴室で汚れやすい箇所にコーティングを行います。

  • 01.天井(浴室乾燥機も含む)
  • 02.ステンレスバー
  • 03.壁面
  • 04.バスタブの外側
  • 05.床面
  • 06.排水溝のフタ表裏、内側のパーツも全て
  • 07.給湯操作パネル
  • 08.タオル掛け
  • 09.シャワーヘッド・シャワー掛け
  • 10.蛇口
  • 11.バスタブのフタ
  • 12.ドア表裏
  • 08.タオル掛け
  • 09.シャワーヘッド・シャワー掛け
  • 10.蛇口
  • 11.バスタブのフタ
  • 12.ドア表裏

ここがポイント!施工のスペシャリスト

排水口のフタの表・裏など普段目の届かない所も・・・ 浴室の排水溝のフタ表裏はもちろん、汚れが特に付着しやすい内側のパーツも全てコーティングします。

浴室の各場所にくまなくコーティングを施していきます 浴室のバスタブのフタをはじめ、シャワーヘッド、蛇口、給湯操作パネルなど手アカが付きやすい部分にもしっかりとコーティングをします。



このページの一番上へ

  • ここまでやる!浴室のリタ・コート「水回りバリア」の施工
  • 施工当日の流れ

施工当日の流れ

STEP1各パーツの拭き上げ

コーティングを施す前に、チリ・ホコリを完全に除去いたします

特殊クロスで浴室の天井から壁面、床面、蛇口、排水溝にいたるまで各パーツを水拭き、乾拭きで拭き上げていきます。
コーティングを施す前に、チリ・ホコリを完全に除去いたします。


STEP2各パーツにリタ・コート「水回りバリア」を塗布

細かい箇所・部品まで、しっかりとリタ・コート「水回りバリア」をコーティングしていきます

専用のコテ刷毛、特殊ウェスにて浴室の天井、壁面、蛇口、排水溝、ドア、床面にリタ・コート「水回りバリア」を塗りムラ、塗り残しがないように細心の注意を払いながら塗布していきます。
浴室に窓がある場合は、窓にも「水回りバリア」をしっかりコーティングいたします。


STEP3塗布完了~自然乾燥

リタ・コート「水回りバリア」のコーティング完了後、約5~6時間の自然乾燥を行ないます

最後にもう一度、塗りムラ、塗り残しがないかのチェックを行い、リタ・コート「水回りバリア」のコーティングが完了です。
コーティング完了後、約5~6時間の自然乾燥を行ないます。
翌日から、水回りはすべてご使用可能となります。

このページの一番上へ