フリーダイヤル 0120-923-918freedial

フォームでのお問い合せ


新築のフローリング、ずっと「キレイ」!

「リタ・コート30」施工当日の流れ


  • 1:事前のご連絡~施工箇所の立ち会い確認、カギのお預り1:事前のご連絡~施工箇所の立ち会い確認、カギのお預り
  • 2:道具の搬入、養生~フローリングの清掃などの下準備
  • 3:リタ・コート30の施工~作業完了連絡
  • 4:仕上がりの確認~お手入れ方法ご説明、施工完了

STEP1事前のご連絡~施工箇所の確認、カギのお預り

STEP1-1お客様宅へ到着前のご連絡

お客様宅へ到着前のご連絡

施工当日、現地訪問の1時間前にお客様に施工担当スタッフより
お電話にてご連絡いたします。


STEP1-2お客様宅へ到着、開始時の立ち会い

お客様宅へ到着、ご挨拶

弊社スタッフが直接、フロアコーティングを施工するお客様宅(以後、現地または施工現場と表記)へ赴き現地にてお客様と合流いたします。作業手順とフロアコーティングの施工に掛かる目安の時間、注意いただきたい点などの簡単な説明をいたします。

必ず行っています

  • 施工スタッフよりのご挨拶
  • 作業手順、施工に掛かる目安の時間、ご注意いただきたい点などのご報告
開始時の立ち会い

STEP1-3フロアコーティング施工箇所の立ち会い確認、カギのお預り

施工箇所のフローリングの状態チェック

施工箇所のフローリングの状態をスタッフがお客様立ち会いのもとチェックします。万が一、フローリングにキズがあった場合、どのように修復を行うかを事前にご説明いたします。
問題がなければ施工確認書にサインをいただき作業を開始いたします。

説明終了後、お客様宅のカギをお預かりいたします。お預かりしている間、使わないときには必ず専用のキーケースに入れて保管します。
これ以後、施工・乾燥完了までお客様は別行動となります。

必ず行っています

  • 作業開始前に、施工箇所、フローリングの状態をチェック
  • 大切な新居のカギは専用キーケースにて責任を持って保管
お客様宅のカギのお預り

ここがポイント!施工のスペシャリスト

新築のフローリングを傷つけないよう、必ず新品の専用ビニールキャップを装着! 新築のフローリングを万が一にでも汚したりキズを付けてしまわないよう、新品の専用ビニールキャップを足に装着してから、お客様宅へ上がらせて頂きます。

お客様宅のカギを専用のキーケースにて保管 お客様宅のカギを専用のキーケースにて責任を持って保管いたします。



お客様立ち会いのもと、どのように修復するかを事前にご説明します。
フローリングのキズがひどい場合は、できるだけ目立たないように修復します。(キズの程度により有料になる場合があります)
修復不可能なキズがある場合、その部分はフロアコーティングが出来ない場合があります。

このページの一番上へ

  • 1:事前のご連絡~施工箇所の立ち会い確認、カギのお預り1:事前のご連絡~施工箇所の立ち会い確認、カギのお預り
  • 2:道具の搬入、養生~フローリングの清掃などの下準備
  • 3:リタ・コート30の施工~作業完了連絡
  • 4:仕上がりの確認~お手入れ方法ご説明、施工完了

STEP2道具の搬入、養生~フローリングの清掃等の下準備

STEP2-1施工道具の搬入

フロアコーティング、オプションコーティング施工道具の一式をフローリングなどを傷つけないよう細心の注意を持って搬入していきます

フロア・オプションコーティングの施工に使用する道具・塗料などを搬入していきます。
搬入時に道具をぶつけたり落としたりしてフローリングなどに傷をつけないよう、細心の注意を持って搬入していきます。道具は玄関先や床に直接触れないよう厚手のキルティングの布を敷き、その上に置いていきます。

必ず行っています

  • フロア・オプションコーティングの施工道具を搬入
  • フロア・オプションコーティングの施工道具は、新築の玄関先やフローリングに直接触れないよう、養生(厚手キルティングなど)の上に設置
フロアコーティング、オプションコーティング施工道具の一式をフローリングなどに直接触れないよう厚手キルティングの上に設置

STEP2-2マスキング等の養生(ようじょう)作業

フロアコーティング・オプションコーティング施工中にコーティング剤が付着する恐れのある箇所を、マスキング等で養生します

壁際やドア付近にコーティング液が付着しないように専用テープでマスキングを行います。マスキングを行うとドアの敷居などの境目のフロアコーティングをキレイに仕上げることができます。

必ず行っています

  • フロア・オプションコーティング施工中にフロアコーティング剤などが付着する恐れのある箇所を徹底的にマスキング等の養生処理を行います。

ここがポイント!施工のスペシャリスト

フローリングと柱、添え木の境目にもしっかりマスキング!

フローリングと柱、添え木の境目にもしっかりマスキングを行うことにより、フロアコーティングの仕上りをより品質の高い物にする事はもちろん、下準備での汚れを付けさせません。

お客様宅のカギを専用のキーケースにて保管

さらに、水分に弱い和室などのフローリングと白木の境目部分にも念入りにマスキングを行います。


床下収納の金具部分にもしっかりマスキング!

床下収納の金具部分へのマスキングの様子です。

お客様宅のカギを専用のキーケースにて保管

細かい部分へのマスキングも怠りません。



STEP2-3既存ワックスのはく離作業

フローリングに施された既存ワックスをはく離作業を行ないます

フローリング全体の水拭きを行い、ウェットバキュームと呼ばれる特殊な掃除機でフローリングの表面の汚れ・水分を吸い取ります。
次に、から拭きにて、フローリングの吸い取りきれていない水分を完全に拭き取ります。

必ず行っています

  • フローリングに既にワックスが施工されている場合は、必ずはく離作業を行います

ここがポイント!施工のスペシャリスト

家中の「仕上げワックス」を慎重かつ丁寧にはく離!
お客様宅のカギを専用のキーケースにて保管


STEP2-4フローリングの水拭き、から拭き

フローリングの水拭き、から拭き

フローリング全体の水拭きを行い、ウェットバキュームと呼ばれる特殊な掃除機でフローリングの表面の汚れ・水分を吸い取ります。
次に、から拭きにて、フローリングの吸い取りきれていない水分を完全に拭き取ります。

※ウェットバキュームとは、床洗浄後の汚水を吸水するための吸水専用掃除機です。

必ず行っています

  • フローリングの汚れ(チリ・ホコリなど)を水拭き、から拭きで除去

ここがポイント!施工のスペシャリスト

新築のフローリングを傷つけないよう、必ず新品の専用ビニールキャップを装着!

水拭きの水分、汚れなどを吸い取ったウェットバキュームの内部です。汚れにより水が濁り、細かなゴミが浮いています。一見キレイに見える新築のフローリングにもこれだけの汚れやゴミがあるのです。

お客様宅のカギを専用のキーケースにて保管

このような丁寧な下準備を何度もすることにより、フロアコーティングの仕上りを良くし、「リタ・コート30」の性能を最大限引き出す事が可能となります。



STEP2-5フローリングの完全乾燥

フローリングの完全乾燥

少しでもフローリングの表面に水分が残ったまま施工をすると、「リタ・コート30」の仕上りに影響が出ますので、フローリングに一番やさしい自然乾燥にて完全に乾燥させます。

必ず行っています

  • 新築フローリングに一番やさしい自然乾燥にて乾燥作業

STEP2-6フローリングの詳細なチェック、修復

フローリングの修復

既存ワックスのはく離、水拭き後に
フローリングの詳細なチェックを行います。
フローリングの小さなキズなどはこの時点で補修していきます。

必ず行っています

  • フローリングの状態を再度チェック
  • フローリングの小さなキズの補修

ここがポイント!施工のスペシャリスト

  • 修復前
  • 修復後

発見したフローリングの小さなキズも見逃しません!できるだけ目立たないようにキッチリと修復します!


お客様立ち会いのもと、どのようにフローリングを修復するかを事前にご連絡します。
フローリングのキズがひどい場合は、できるだけ目立たないように修復します。
(キズの程度により有料になる場合があります)
修復不可能なキズがある場合、その部分はフロアコーティングが出来ない場合があります。


STEP2-7専用アルコールにて、油分、汚れをさらに除去

専用アルコールにて、油分、汚れをさらに除去

はく離や水拭きだけでは落としきれないフローリング上の油分や、目に見えない汚れなどを専用アルコールを使って除去します。
もちろんフローリングに影響を与えない専用アルコールです。

必ず行っています

  • 専用アルコールでフローリング上の油分や目に見えない汚れをさらに除去
  • マスキングを一時的に取り、その部分の汚れなども除去
  • 再度マスキング

ここがポイント!施工のスペシャリスト

  • 油分の除去前
  • 油分の除去後


  • 汚れ除去前の専用モップ
  • 汚れ除去後の専用モップ

水拭き、から拭きだけでは取れないフローリング上の油分やそれ以外の汚れを専用アルコール・専用モップを用いて徹底的に
除去します。



STEP2-8フロアコーティング「リタ・コート30」塗布前の最終清掃

リタ・コート30塗布前の最終清掃

目の細かい専用のクロスをモップに付け替えて、新築フローリング専用フロアコーティング「リタ・コート30」塗布前の最終清掃を行います。

必ず行っています

  • さらに目の細かい専用クロスで新築フローリング専用フロアコーティング「リタ・コート30」塗布前の最終清掃

ここがポイント!施工のスペシャリスト

  • 汚れ除去前の専用クロス
  • 汚れ除去後の専用クロス

何段階もの下処理の最終段階として、とても目の細かい専用クロスにてフローリング上のチリ・ホコリを完全除去します。
ここまで徹底的に行うのが施工スペシャリストの技です。


このページの一番上へ

  • 1:事前のご連絡~施工箇所の立ち会い確認、カギのお預り1:事前のご連絡~施工箇所の立ち会い確認、カギのお預り
  • 2:道具の搬入、養生~フローリングの清掃などの下準備
  • 3:リタ・コート30の施工~作業完了連絡
  • 4:仕上がりの確認~お手入れ方法ご説明、施工完了

STEP3リタ・コート30の施工~作業完了連絡

STEP3-1フロアコーティング「リタ・コート30」の調合

新築フローリング専用フロアコーティング「リタ・コート30」の調合

フローリングの種類に合わせて、最適な仕上りになるよう「リタ・コート30」を調合します。
数百種類あるフローリングにはそれぞれ特性があるので、お客様宅のフローリングに最も相性の良いものに調整いたします。


STEP3-2フロアコーティング「リタ・コート30」の塗布

リタ・コート30の塗布

新築フローリング専用フロアコーティング「リタ・コート30」をフローリングへ塗布いたします。一番奥の部屋から順番に、ムラや塗り残しがないよう、丁寧にフローリングに塗っていきます。


ここがポイント!施工のスペシャリスト

「リタ・コート30」を塗布する部屋にチリを持ち込まないように入口で履き物の汚れを取ります。

仕上りを良くするために部屋の角部分などを手塗りにて塗布します。



STEP3-3塗りムラ、塗り残しチェック、フローリングの自然乾燥

施工箇所のフローリングの状態チェック

フロアコーティングの作業と平行しつつ、スタッフ自身でコーティング剤の塗りムラ・塗り残しがないかチェックを行います。問題がなければマスキングなどを回収し、そのままフローリングを自然乾燥、次の部屋の塗布に移ります。

必ず行っています

  • 塗布中、塗布後のフロアコーティング剤の塗りムラ、塗り残しのチェック
  • マスキングテープなどの養生を回収

STEP3-4作業完了予定時刻の事前連絡

施工箇所のフローリングの状態チェック

フロアコーティング終了の約30分~1時間ほど前に
おおよその作業完了予定時刻を事前連絡いたします。

必ず行っています

  • 作業完了約30分~1時間前の電話連絡
このページの一番上へ

  • 1:事前のご連絡~施工箇所の立ち会い確認、カギのお預り1:事前のご連絡~施工箇所の立ち会い確認、カギのお預り
  • 2:道具の搬入、養生~フローリングの清掃などの下準備
  • 3:リタ・コート30の施工~作業完了連絡
  • 4:仕上がりの確認~お手入れ方法ご説明、施工完了

STEP4仕上がりの確認~お手入れ方法ご説明、施工完了

STEP4-1リタ・コート30施工完了、仕上がりの確認

新築フローリング専用フロアコーティング「リタ・コート30」施工完了

新築フローリング専用フロアコーティング「リタ・コート30」の施工完了後の様子です。新築フローリングの輝きが30年間続きます。


ここがポイント!施工のスペシャリスト

スペシャリストにより施工された「リタ・コート30」が新築の輝きを30年もの間お守りいたします。

施工スペシャリストの手によって新築フローリング専用フロアコーティング「リタ・コート30」の塗布が完了しました。

養生やマスキングに始まり、既存ワックスのはく離、フローリングの水拭き、から拭き、アルコール拭き、最終の汚れ除去の何段階にも及ぶ丁寧な下処理を経て、均一に「リタ・コート30」を塗り上げます。

新築フローリング専用フロアコーティング「リタ・コート30」が30年もの耐久性と30年の品質保証をお付けできる理由がここにあります。



STEP4-2お手入れ方法のご説明

コーティング後のお手入れ方法のご説明

新築フローリング専用フロアコーティング「リタ・コート30」の日々のお手入れ方法、お取り扱い方法などのご説明を作業スタッフよりさせていただきます。合わせて、お手入れマニュアルをお渡ししております。

必ず行っています

  • フロアコーティング後の日々のお手入れ方法、お取り扱い方法のご説明

STEP4-3カギのご返却

保証書のお渡し

最後にお客様宅のカギをご返却して、施工完了となります。

必ず行っています

  • お預りしているお客様宅のカギのご返却

STEP4-4すべての作業が完了

この度は、新築フローリング専用フロアコーティング「リタ・コート30」をご用命いただき誠にありがとうございました。

この度は、新築フローリング専用フロアコーティング「リタ・コート30」を
ご用命いただき誠にありがとうございました。

フロア・オプションコーティングの施工後、お気づきの点、ご不明な点などがございましたら、お手数ではございますが、フリーダイヤル・お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

「リタ・コート30」の保証書は、後日お客様宅へお送りいたします。


このページの一番上へ