フリーダイヤル 0120-923-918freedial

フォームでのお問い合せ


新築のフローリング、ずっと「キレイ」!


メリット4 人間・ペットに安全

食品容器の安全性をチェックする規格基準に適合!食器やテーブルのコーティング剤としても使える安全性

フロアコーティング「リタ・コート30」の塗膜は、シックハウス対策済み。
さらにフローリング以外にも食器などのコーティング剤としても使える 安全性を実現!フローリングに寝そべってごろごろしても
ペットがフローリングをなめても安心安全です。


「国土交通大臣認定 F☆☆☆☆(エフ・フォースター)」適合でシックハウス対策済み

シックハウス症候群への対策済みです!

「リタ・コート30」はF☆☆☆☆(エフ・フォースター)適合済み、さらにフロアコーティングに使用している原料(や反応生成物)には厚生労働省が規制する揮発性有機化合物(VOC)13種を含みませんので、シックハウス症候群への対策済みです。
だから、小さなお子様やペットがフローリングで遊んでいても、安心安全なフロアコーティングなのです。


安全であることを追求した「リタ・コート30」


国土交通大臣認定 F☆☆☆☆(エフ・フォースター)って?

「リタ・コート30」は最高等級であるエフ・フォースターに適合! 「リタ・コート30」は最高等級であるエフ・フォースターに適合!

F☆☆☆☆とはシックハウスの原因となるホルムアルデヒドの発散量を国土交通大臣認定により等級で示したもので、主に壁紙や建築資材などに使われます。
記号なし(ホルムアルデヒド発散量:最も多い)から順に、F☆☆→F☆☆☆→F☆☆☆☆(ホルムアルデヒド発散量:最も少ない)までがあり、それぞれの等級に応じて使える場所や使える総量(面積)に制限があります。

「リタ・コート30」は最高ランクのF☆☆☆☆に適合しているフロアコーティングです。


揮発性有機化合物(VOC)13種って?

「リタ・コート30」は揮発性有機化合物(VOC)13種を含みません!

住宅に使われている建築資材や壁紙・接着剤・各種塗料の中には、空気中に成分が揮発して健康被害を引き起こすものがあり、そのような有害な化学物質の濃度の指針値を厚生労働省が定めています。

F☆☆☆☆の「ホルムアルデヒド」も、
揮発性有機化合物(VOC)13種の中に含まれています。


リタ・コート30は厚生労働省の定める有害な化学物質を含みませんので安心してご利用いただけるフロアコーティングです。


「リタ・コート30」
第三者機関による試験結果

第三者機関による試験でも証明済み
試験項目 試験方法 結果
安全性 JIS K5601-4-1 ホルムアルデヒド放散量
15cm×15cmガラス板片面に塗布、2枚、2組 塗布量:1.0kg/100m2
No.452-12-A-1844
不検出
ホルムアルデヒド不検出
安全性 ホルムアルデヒド放散等級 F☆☆☆☆
最高等級の安全性
安全性 厚生労働省告示第370号適合 化学物質(VOC)13物質を含まず
食器としても使える安全性



「厚生労働省告示 第370号」適合で食器などのコーティング剤としても使える安全性

「リタ・コート30」は食器や食品包装材と同じぐらいの安全性!

「リタ・コート30」はF☆☆☆☆(エフ・フォースター)を取得しており、揮発性有機化合物(VOC)13種も含まないので、シックハウス症候群を起こさない安全なフロアコーティングです。
さらに、厚生労働省告示 第370号に適合!食品容器の安全性を定めた規格基準に適合していますので、安全性としてはフローリングだけでなく、食器用のコーティング剤として使用しても大丈夫な程です。
「リタ・コート30」は、人間だけでなくペットにもやさしい健康被害のリスクがない安心で安全なフロアコーティングです。


安全であることを追求した「リタ・コート30」


厚生労働省告示 第370号って?

スーパー、生協、問屋などから食品メーカーに対して、使用している包装材料の安全性が食品衛生法で定められた試験に合格しているかどうかの確認を意味します。

リタ・コート30は、食品衛生法で定められた試験に合格しています。


「リタ・コート30」
第三者機関による試験結果

第三者機関による試験でも証明済み
試験項目 試験方法 結果
安全性 JIS K5601-4-1 ホルムアルデヒド放散量
15cm×15cmガラス板片面に塗布、2枚、2組 塗布量:1.0kg/100m2
No.452-12-A-1844
不検出
ホルムアルデヒド不検出
安全性 ホルムアルデヒド放散等級 F☆☆☆☆
最高等級の安全性
安全性 厚生労働省告示第370号適合 化学物質(VOC)13物質を含まず
食器としても使える安全性